国分町での出来事2

前回の続きのデリヘル体験談です。

彼女は疲れてしまったようで、しばらく休憩ということで、一旦シャワーを浴びる事にした。
シャワーを浴びている間彼女の体を舐めるように見てみると、なんども言うが完璧に近い体つきをしている。
決して太ってはいないが、肉付きが良いとでもいうか、俗にいう「スケベな体つき」なのである。

最初はシャワーを浴びている間は見ているだけにしようと思っていたのだが、そんなエロい体を見せつけられていると、ついつい触ってみたくなって来た。
我慢できなくなって胸を揉むと、彼女は喜んでいるようでまた先ほどと同じようなスケベな顔つきになってきた。
股間を触ってみると、ボディーソープをつけていないのにヌルヌルとした感触があった。

「興奮して濡れてるぞ」

なんて冗談でからかうと、彼女は、

「違うもん!石鹸だもん!」

と恥ずかしそうに言い返してくる。
こういった素人っぽさも彼女の魅力の一つだろう。この言葉に私もぐらっと来てしまって、このまま手マンの流れになった。
すでにグチョグチョになった股間は、私の指を欲しがっているようで、いとも簡単にスルスルと奥まで入っていった。
そして少々強めに指を動かすと、彼女の膝はまたガクガクと震えて、あまりの気持ち良さに立っていられない様だった。
かわいそうになって来て、やめてしまったが、今となってはあの時イクまで手マンしておけば良かったと思う。

風呂から出ると、二人は再度求め合う様になった。
今度は彼女の方から進んでフェラチオをして来た。
彼女のテクニックは相当なもので、ネットリとした感じで舌を動かして私の股間にまとわりついてくる。
緩急をつけたその動きはまるで、ジェットコースターの様なフェラチオだった。
奇想天外な動きをしながら私の性感帯をピンポイントで攻めてくる彼女は、おそらく仙台でも上位に入るほどのテクニシャンだろう。
油断するとイってしまいそうだったので、キリの良いところでやめた。

まだ時間は少し残っていたので、私は騎乗位の対位で素股をお願いすると、彼女は嬉しそうに私に飛び乗って来た。
ローションを股間につけて、彼女の腰がクネクネと動く。
彼女が動くたびに痺れる様な快感が走る・・・。

とうとう私は我慢できなくなって大量の性液をぶちまけてしまったのだ。
最近自慰行為をしていなかったせいか、自分でも驚く程大量に出たので、彼女もびっくりしたいた。
その後私は精魂尽き果ててしまって、そのままベッドに横たわり、彼女が飛び散った性液を掃除している姿をただただ見ているだけだった・・・。

今思うと3人の中から彼女を選んで本当に良かったと思っている。
性格も良いし、見た目も良いし、お店の管理が行き届いているせいか接客態度も申し分ない。
こういうことをされると「次回も呼ぼう!」となる。

別れが惜しかったが、素晴らしい時間を過ごすことができて本当に良かったと思う。