再会1

今の若い男性はきっとデリヘルなんて興味がないだろう。
私も20代の頃はそうだった。しかし、年齢を重ねるに連れて女性に相手にされなくなり、デリヘルを使うしかなくなって来る。
お金があれば若い子もホイホイついて来ると思うが、ごくごく普通のサラリーマンである私にとっては、素人の女性とハメる事は相当至難の技なのだ。
私の個人的概念だが、若いうちからデリヘルに慣れていくことが大事だと思う。
歳をとってからデリヘルを覚えると、本当にのめり込んでしまいそうになるので、若いうちからある程度デリヘルについて耐性をつけておかないと金銭的に辛くなって来ると思うのだ。

私も若い頃からデリヘル遊びをしていたので、節度というか、「ここまでハマってしまってはダメ」というリミッターができているのだ。
それが歳をとってからデリヘルにハマる男性は金に糸目をつけずに湯水のごとくデリヘルに費やしてしまう可能性がある。
お金があればなんてことないだろうが、普通の人はハマってしまったら破産すると思う。

デリヘルは自分でリミッターをかけて節度よく遊ぶことを強くお勧めする。

最近デリヘルとは無縁の生活をしているので、性欲が半端なく溜まっている。
こういった時が一番危なくて、金に糸目をつけずに読んでしまうので注意が必要だ。
慎重に料金を調べた後に好みの女の子を選んで予約した。
仙台ではデリヘルの予約もできるので、例えば、仕事で昼休み中に女の子を選んで、仕事帰りに一発抜いて帰る・・・。なんて荒技も可能なのだ。

こんな日は大抵午後の仕事が手につかなくなってくる。仕事中は今日呼ぶデリヘル嬢の事ばかり考えてしまって、
「今日はどういった内容のプレイをしようか?」
「本番までどうやって持ち込もうかな?」
といった事ばかり考えてしまう。

定時の時間になると、そそくさと会社を出て、一目散にラブホテルへと向かう。
向かっている間もデリヘル像の事で頭がいっぱいで焦って事故りそうになってしまう・・・。
死ぬ思いでホテルへ着くと、ちょうど女の子もついたようで、同時にホテルの部屋に入ることになった。
仙台の街中は、帰宅の時間になると大変混みあってすぐ渋滞に巻き込まれてしまう。なのでデリヘルを予約するときは渋滞を考慮して予約しなければならない。
特に国分町近辺は帰宅ラッシュで大変なことになってしまうから注意だ。

女の子の顔つきは私の好みで、今すぐにでも抱きつきたい衝動にかられる。
まだ料金を支払っていないのでここはぐっと堪えて、コース料金を払うと、ちょっとした会話になった。

「あれ、前にお会いしたことありますか?」

突然女の子が言い出した。

私は一瞬頭が真っ白になり、昔の思い出を高速で思い返すと一人のデリヘル城が浮上した。
数年前にどっぷりハマった女だ。

とても偶然なことだが、今は店を変えて源氏名も変わって働いていた。
なんだか懐かしい感じがして、ついつい長話をしてしまった。

まな板女子

彼女の胸は公表の通りものすごく小さい。
乳首だけがツンと立っている状態で、めちゃくちゃ好みの形をしている。

洋服を脱がせて、ブラを外してみると、まさに理想の胸。
乳首をつまむとビクッとなって、力が抜けるような感じになていたので、感度も相当良いと感じた。
私は貧乳の何が好きかというと、乳首ではなくて少しだけ盛り上がった形に興奮する。
大きい胸だと大きすぎて魅力も半減してしまうのである。
個人的にはデカ乳だと、あのブヨブヨとした感触が許せないのである。

私はしばらく、その魅力的な胸を堪能した。
揉んでみたり眺めたり、乳首をコロコロと転がして見たり、欲望のまま色々堪能した。
胸いじりも飽き始めた頃、彼女は股間あたりを押さえてムズムズしているのが分かった。
何だろうと思いよく見てみると、オナニーを始めていた。

びっくりした私は、落ち着いて

「ここでおナニーして見せてよ」

と言うと、彼女は黙ってオナニーをし始めた。
パンツ一丁の姿になって、クリトリスあたりを念入りにこねくり回している。
先ほどまでの彼女とは想像できない感じで、スケベな喘ぎ声を漏らしながら集中してオナニーをしている。
仙台きっての変態な私は、その光景を間近で静かに見ているのである。

当初私に見られて恥ずかしそうにオナニーをしていた彼女は、最終的には私の存在など気にせず、自分の世界に浸っているように見えた。
その証に、彼女の表情は焦点が定まらず、薬でラリっているのかと思うほどだらしなくなっている。
そんな光景を見せつけられては私は我慢の限界に達していた。

彼女に近づき、股間のあたりに顔をやると、私はそのままクンニを始めた。
今まで何もできなかった腹いせに、私は本能のまま舐め始めると、引きつったような苦悶の表情を浮かべながら悲鳴にも近い声で喘いでいる。
後半は舐めながら指を入れてみたが、相当気持ちが良かったようで、股間をヒクつかせながら何度も快楽の境地へと旅立っていく彼女が見えた。
相当気持ちが良かったのか、イッた後はしばらく動けずにいたようで、こちらが心配になるぐらいの長い間動かなかった。

私もそろそろフィニッシュしたかったので、無理やり口の中に股間を入れると、彼女も察したらしく、フェラチオが始まった。
彼女は見事な吸引力で股間をしゃぶってきて、私はその勢いに根負けして一瞬で射精してしまったのである。
あまりにも早かったので気まずい雰囲気になってしまったが、体力的に「もう一回!」と言う気持ちにならなかったのでこれで終了となった。

最後は、お互いに体の洗いっこをしてこの日は終了となった。
小さな彼女はその後また、仙台の街中へと消えて行った・・・。

やはり自宅にデリヘルを呼ぶという行為はとても面白く、ドキドキする。
親と同居している人は難しいと思いますが、一人暮らしの人は是非実践すると良いと思います。

きっと癖になると思う。

まな板女子1

デリヘルとはホテルに呼ぶもの。

そういった固定観念があると思う。しかし、私は自宅に呼んでこそ本当に楽しめると思っている。
女の子にとっては防犯上の理由からあまり自宅に呼ぶことは歓迎されないとどこかの掲示板で見たことがあるが、客から見ればそんなの知ったととではない。
客が満足できればどう思われようがいいのだ。

特になにか悪いことをしてやろうなんて思ってもいないが、自宅にデリヘル嬢を呼ぶ事によって、何か特別な感情が生まれるのでは?と期待してしまうのである。
例えば、「お付き合いできるかもしれない」とか、「友達になってくれて家に遊びに来てくれるかもしれない」など、女性から見たらただのキモいおっさんと思われるだろうが、そういったロマンがあるからだ。
たとえ叶わない夢でも、夢を持つ事でデリヘル遊びがもっと面白いものになると思う。
自宅に呼ぶということは、常に掃除しないといけなくなる訳で、衛生面でも良いことばかりだ。
(流石にこれはこじつけかな?)

ということで、今回はデリヘル嬢を自宅に呼ぶ事にした。
付き合いたての新鮮な感じのシチュエーションが良かったので、恋人にしたいタイプの女の子を選んでみた。
私は身長が低くてあまり胸が大きくない女性がタイプなので、選ぶのに苦労した。
おそらくみんな胸の大きさを偽っているので、私が求めるAカップの女性は本当に一握りになってしまうのだ。

そんな中、一人の良さげな女性がいた。
低身長でAカップの女の子というと、だいたい連想できると思うが、シンプルな感じな女の子だ。
家に呼ぶとなると、軽く掃除しなくてはならないので、帰って掃除をおこなった。
意外に細かな所が掃除なされていなかったので、彼女が来る時間に間に合うか不安だったが、なんとか5分前に掃除が完了した。

ちょうど掃除が終わったタイミングで女性が到着し、ギリギリ間に合った形になった。
女性は私が想像していたよりも好みのタイプで、顔を見た瞬間ニヤけてしまうほどだった。

お店の教育なのかわからないが、部屋をべた褒めされた。
たとえ嘘でも褒められるのは誰も悪い気はしないので、この店は頭がいいと思う。
いい気になった所に料金の説明があり、私は気を良くしていたので、頼むつもりのないオプションを追加してしまったのだ。
この店は相当考えられていると思った。

料金を払うと、ベッドの上に二人仲良く座って会話が始まった。
主に部屋のことだったが、やはりべた褒めされた。
話を切り替えて出身地の話になると、彼女はここ仙台の出身という事が分かった。
地元でバレやしないのか聞いてみると、バレてもいいと驚く答えが返って来た。
バレても良いというのは大げさだが、友人も数えるほどしかいなく、男性の友人に至っては一人しかいないというのだ。
ならばまずバレないだろう。なるほどなと思った。

一通り話しているうちに、徐々に下ネタになって来て、オナニーをするのかとかアナルの経験とか私の欲望のままに会話が進んでいった。
そうしているうちに、私もだんだんと興奮して来て、気づくと彼女の胸を触っている自分がいた。

国分町での出来事2

前回の続きのデリヘル体験談です。

彼女は疲れてしまったようで、しばらく休憩ということで、一旦シャワーを浴びる事にした。
シャワーを浴びている間彼女の体を舐めるように見てみると、なんども言うが完璧に近い体つきをしている。
決して太ってはいないが、肉付きが良いとでもいうか、俗にいう「スケベな体つき」なのである。

最初はシャワーを浴びている間は見ているだけにしようと思っていたのだが、そんなエロい体を見せつけられていると、ついつい触ってみたくなって来た。
我慢できなくなって胸を揉むと、彼女は喜んでいるようでまた先ほどと同じようなスケベな顔つきになってきた。
股間を触ってみると、ボディーソープをつけていないのにヌルヌルとした感触があった。

「興奮して濡れてるぞ」

なんて冗談でからかうと、彼女は、

「違うもん!石鹸だもん!」

と恥ずかしそうに言い返してくる。
こういった素人っぽさも彼女の魅力の一つだろう。この言葉に私もぐらっと来てしまって、このまま手マンの流れになった。
すでにグチョグチョになった股間は、私の指を欲しがっているようで、いとも簡単にスルスルと奥まで入っていった。
そして少々強めに指を動かすと、彼女の膝はまたガクガクと震えて、あまりの気持ち良さに立っていられない様だった。
かわいそうになって来て、やめてしまったが、今となってはあの時イクまで手マンしておけば良かったと思う。

風呂から出ると、二人は再度求め合う様になった。
今度は彼女の方から進んでフェラチオをして来た。
彼女のテクニックは相当なもので、ネットリとした感じで舌を動かして私の股間にまとわりついてくる。
緩急をつけたその動きはまるで、ジェットコースターの様なフェラチオだった。
奇想天外な動きをしながら私の性感帯をピンポイントで攻めてくる彼女は、おそらく仙台でも上位に入るほどのテクニシャンだろう。
油断するとイってしまいそうだったので、キリの良いところでやめた。

まだ時間は少し残っていたので、私は騎乗位の対位で素股をお願いすると、彼女は嬉しそうに私に飛び乗って来た。
ローションを股間につけて、彼女の腰がクネクネと動く。
彼女が動くたびに痺れる様な快感が走る・・・。

とうとう私は我慢できなくなって大量の性液をぶちまけてしまったのだ。
最近自慰行為をしていなかったせいか、自分でも驚く程大量に出たので、彼女もびっくりしたいた。
その後私は精魂尽き果ててしまって、そのままベッドに横たわり、彼女が飛び散った性液を掃除している姿をただただ見ているだけだった・・・。

今思うと3人の中から彼女を選んで本当に良かったと思っている。
性格も良いし、見た目も良いし、お店の管理が行き届いているせいか接客態度も申し分ない。
こういうことをされると「次回も呼ぼう!」となる。

別れが惜しかったが、素晴らしい時間を過ごすことができて本当に良かったと思う。

国分町での出来事1

歳をとってくると、勃ちが悪くなって来る・・・。
怪しい薬を飲むのもいいが、「薬に頼ってしまったら負け」という自分の中のルールがあるので、薬に頼らずフル勃起でデリヘル遊びをしたい。
この間、スッポンを食べる機会があったのだが、食べても何ら変わらず、ただ腹が膨れただけだった。

やはり年齢には逆らえないのか・・・。

そんなことを考えつつ、デリヘルを呼ぶことにした。
仙台でも有名な繁華街「国分町」の安いホテルで、持ち込んだパソコンで女の子を品定め。
検索するといい感じの女の子がかなりの数ヒットしたので、絞り込むのに相当時間がかかってしまった。
30分ほどかけてようやく3人まで絞り込むことができたが、ここから一人選ぶことができなくなってしまった。
3人とも同じような体型で、同じような髪型。違うのはお店だけという事態に陥ってしまったのである。

となれば、お店の料金やサービス内容で選ぼうではないか!というわけで、3店舗のシステムを見比べてみた。
その中でも最安の店はA、10分延長無料のB、高いがチェンジ・キャンセル無料のCといった感じで、それぞれのお店に特徴が出て来た。
私はお金があまりなかったので、とりあえず最安値のA店に絞り呼んでみる事にした。

ホテルで女の子を待っていると、15分程で女の子がやって来た・・・。

非常にスタイルが良くて髪が綺麗な女の子だ。
私は会うなり抱きしめると、一気に興奮してスイッチが入ってしまったのである。
彼女のうなじはとてもいい匂いがしてメロメロになってしまう。
肌はとても透き通っており、触ると溶けてしまいそうな感じがした。
私はそのガラスのように繊細な肌をいやらしく舐めた。唾液をいっぱいつけた舌が、彼女の性感帯を走っていく。

私の行動は時間を増すごとにエスカレートして来て、ボタンの間から手を入れてブラのホックを外すと、「ぷるん」と勢いよく豊満に育った胸が服の名で弾けように感じた。
ブラウスの下にはボッキした乳首があり、少し触るとエロい吐息が漏れた。
つまんでみると、声を震わせて彼女はこういった。

「もう、エロい気持ちになっちゃったよ・・・。」

その言葉を聞いて、私はブラウスを剥ぎ取ると、想像よりも大きな胸が飛び込んで来た。
Fカップぐらいあるだろうか。バランスのとれた本当に形の良い胸で、まるでAV女優のようなシルエットに驚いた。
私はそのまま乳首をぺろりと舐めると、彼女はいやらしい声を漏らし、膝から地面に崩れ落ちてしまった。
それでも私は舐めるのを止めず、ただただロボットのようにひたすらペロペロと乳首を舐め続けた。

するとデリヘル嬢は私の手を掴んで自分の股間に持って行き、股間も触ってほしいような素振りを見せてきたので、手マンをすることにした。
最初はクリトリスを軽く刺激してやると、刺激するたびに体がビクッビクッと脈打ち、快感を全身で受け止めているようで、本当に心の底から感じているように見えた。

次回へと続きます。

性欲の街仙台

最近ふと思うことがある。
このまま未婚で死んでいっていいのだろうか?
最近そんな事ばっかり考えている・・・。

あまり結婚に執着がないのも原因だと思うが、風俗通いしているせいが大きいだろう。
仙台に生まれて早35年。成人してからというものデリヘルばっかり呼んでいて、素人の女の子と話す機会なんて全くないのだ。
些か問題ではあると思うが、結婚してデリヘルに行けなくなるよりはマシだと思ってしまう自分がいる。
おそらくこの先も仙台のデリヘルに通い続けるんだろうなとは思うが、それでは私の生きている証しにならないのではないかと思って、この度ブログに綴って行こうという気になった。
素人の戯言と思っていただいて構わないが、私は仙台のデリヘルを10年以上利用しているヘビーユーザーです。
初心者にとっては何らかの発見があるかもしれません。

まずは仙台デリヘルの特徴について話しておこう!
仙台は東北で一番大きな都市ですので、風俗もたくさんあります。その中でも「デリヘル」の数は一番多くて、おそらくゆうに100店舗を超えると思う。
そんな100店舗を超えるほどのデリヘル店があるわけですから、実に様々なジャンルの店が存在します。
デリヘルで働く女の子は県内の子。なんていう事は昔の話で、現状は県外から働きに来ている女の子の方が圧倒的に多い。
これは親や彼氏、友達から見つかるのを防ぐためであるので当然のことだと思う。
昔は地元仙台の会話で女の子と楽しんだが、今では、仙台のことを知らない子ばかり・・・。
よくよく聞いて見ると、関東出身だったりなんていうことが増えた気がします。
時代は変わってしまいましたね・・・。
まぁ、出身地がどうのこうの言ってもプレイ内容は何ら変わらないので、良しとするか。

仙台のデリヘルを呼ぶなら中心部で呼んだ方が良い。
下手に郊外に出てしまうと、ラブホテルやビジネしょてるが極端に減ってしまい、いざ呼ぼうにもホテル探しから始まってしまうからです。
これは時間の無駄としか言いようがありません。
中心部といってもどこ?という人がいると思います。
仙台の中心部は国分町、駅前周辺、ギリギリで泉区かな?長町近辺も比較的いいと感じる。
これを外してしまうと、呼んでもすぐ来てくれなかったり、高い交通費を取られる可能性がある訳です。

地域性なことですが、仙台はデリヘルの料金が安い。
仙台に限らず東北に言えることですが、60分あたりの料金が異様に安いんだけど、それでいて呼ぶ女の子はレベルが高い。
もちろん高級店なんかもありますが、スタンダードなデリヘル店に関してはお得感でいっぱいだ。

これを呼んでいる読者は、仙台に来た時は是非デリヘルを利用してみてほしい。
たま〜に地雷がいるが、割合的に可愛い子が多いので失敗も少なく済むと思う。
逆に仙台に住んでいる人は積極的に利用してデリヘル業界を盛り上げてほしいところだ。